クエスト攻略

【極みスキン】十天の極みに至りし者クエストクリア、使用した編成や攻略法を紹介

主人公スキン、十天の極みに至りし者のスキンを獲得しました。

今回の記事では極みスキンクエスト攻略に使用した編成や攻略法を紹介していきたいと思います。参考になればと思います。

注意

攻略法を紹介しますって書いておきながら、結局はデバフの運ゲーを通しただけです。

そして、通しでは1度しかクリアしていないので、正確な敵の各種トリガーなどは分かりません。

ネット上にあまり極みスキンクエストの記事がないので、こんな感じで倒したという雰囲気だけでもこの記事で掴んでいただければと思います。

正攻法はシエテ対策でサン・アニラ・アテナあたりを使ったり、ユーステスやキャタピラさんを編成に入れてアビ連打からの黒麒麟複数積みが良いのではないでしょうか(投げやり)

編成紹介

キャラ編成

主人公 ドクター(ニュートリエント・ディスペル・クリアオール)
メンバー1 リミテッドロゼッタ
メンバー2 最終アンチラ
メンバー3 ユリウス

バフ役のリミテッドロゼッタとアンチラ、デバフ役のユリウスとなります。

サブは出番がなく、フロントが倒されてサブキャラが出てきてしまう=失敗なので、サブに入れて効果があるキャラを入れています。

後、当然ですが、このクエストは十天衆を編成に入れることができません。

それと、このクエストに出てくる十天全員の共通事項として、

  • デバフ耐性が非常に高い(有利属性でもよくミスする)
  • スロウが効かない(ユリウス2アビのように吸収はOK)
  • グラビティレジスト

となっています。よって、ミゼラブルミストは持っていきませんでした。ただ、アンチラやリミロゼの弱体成功率アップバフを考えると入れても良かったかもです。

武器

メイン武器 エタラブ
サブ武器1 ティア銃×3
サブ武器2 4凸ラストストームハープ×2
サブ武器3 春ノ柔風
サブ武器4 マグナ終末
サブ武器5 ゼノサジ拳
サブ武器6 バハ武器

画像には各種武器にプラスがありませんが、クエスト挑戦時は全部の武器に+99振っていました。

HPを増やすため春ノ柔風を入れています。

また、マグナ終末は、極みスキンクエスト挑戦による弊害のヒヒイロカネ枯渇によって4凸で、しかもスキルを変えるのを忘れていてチェンバ上限でクエストクリアしてます。正直、適当です。アンチラとリミロゼのバフがあればなんとかなる感じがあります。

召喚石

メイン石 4凸ティアマグ(フレ石3凸グリームニル)
サブ石1 シヴァ
サブ石2 4凸アテナ
サブ石3 5凸ルシフェル
サブ石4 4凸トール

フレンド石は3凸グリームニルのマグナ×属性になります。

画像には武器編成と同じくプラスがありませんが、クエスト挑戦時は全部の召喚石に+99振っていました。

今回使用する風マグナ編成の攻略の場合、対シエテ戦に使うトールとシヴァが必須で、後は自由枠でしょうか。

アテナは繰り返し使えるカット石として、ルシフェルは繰り返し使える回復石として入れましたが、黒麒麟やハングドマン、テュポーンなどの他の有用石でも良いと思います。


1戦目:サラーサ

1戦目はサラーサです。有利属性なのでなんとかなるだろうと思っていましたが、1度こいつでユリウスが落とされて失敗しました。

最初は普通にバフデバフを入れて進め、その後CTMAX技を喰らいました。おそらく通常CT技はグラウンドゼロになるのしょうか。

全員に無属性1万ダメージとサラーサに2ターンのダメージカットバフが付きます。ODMAX技は打たれなかったので不明ですが……

そして、75%前後(正式な%は分からず)のトリガーにアストロデストラクション。サラーサのモードが変わります。

こちらが有利の風属性でかつユリウスでデバフをかなり入れているのにも関わらず結構なダメージを食らうので、水属性とかならば普通に万単位のダメージを食らいそうです。

その後、25%まで削りましたが、CTがMAX状態でブレイクが取れたのでCT技なのか、それとも25%トリガーなのかはわかりませんが、アニヒレイション・ノヴァが飛んできました。ただ、DODGEになってしまったため、ダメージが分からず……。追加の無属性ダメージは3,000でした。

その後、20%で三寅の祝福を打たれましたが、よく分からずにそのまま倒してしまいました。

ただ、初挑戦時は40%で三寅の祝福を打たれたので、トリガー優先順位としては低そうです。

三寅の祝福時はこのようにサラーサにTA確率アップと攻撃力アップのバフがついていました。


2戦目:シス

2戦目はシスです。後、このクエストは6連戦になるので、その前のバトルのバフやデバフ、ゲージ状況などが引き継がれます。

いつも通り研究の成果だを連打して攻撃すると、97%からいきなり特殊技が飛んできました。

シスに攻防アップとHP回復の3ターンのバフが付きましたが、サラーサ戦で使う機会がなかったユリウス3アビで終わりです。

このキャラ強すぎる。

その後ユリウス1アビで麻痺させたり、ユリウス2アビでCT遅らせたりして43%で特殊技が2回連続で飛んできました。

おそらく1回目がどこかのHPトリガー、2回目のCTMAXのOD技かと思われます。

1回目は最初に打たれた技と同じ。

2回目はお馴染みの奥義です。ダメージとしてはこちらにいろいろとバフがあったので、リミロゼが5,000喰らったぐらいであまり痛くありませんでした。バフがなかったら痛そうではあります。

奥義後にシスにバフが2個付いたので、2回の特殊技により3個のバフがあったのですが、

アンチラ4アビで幻影を剥がして……

ユリウス3アビとジータディスペルで終わりです。

29%で六崩の悟りを使われまして、その後のシスの攻撃は6回攻撃になりました。

しかし、特にその後は何も起きず、最初のバフ特殊を1度打たれたぐらいで、普通にバフ盛ってデバフ入れ直して攻撃してたら倒せてしまいました……


3戦目:ソーン・ニオ

3戦目はソーンとニオです。関係ないですが、「窮極たる堅琴の極意」の素材を条件に開始できるニオのフリクエですが、ニオがかなり可愛いのでニオファンは必見です。

いつも通り研究の成果だ×nからスタート。

1ターン目の特殊行動がソーンはクリンチャー、

ニオの1ターン目の特殊行動はデファンデュです。

クリンチャーを食らうと麻痺になるので、ドクターの1アビをシス戦から使わずに残しておく必要があります。ニオのデファンデュのバリアも面倒なのですが、強度はあまり高くないので気をつける必要はそこまでなかったです。

どちらから先に倒すかですが、私は麻痺が面倒だろうという理由でソーンから倒しましたが、どちらでも良いとは思います。結局どちらもデバフ行動が多いので。

また、ソーンの通常攻撃は全体攻撃になりますので、リミテッドロゼッタと相性が良いです。そこまで火力も高くないので、特殊だけ気をつけていけばそこまで強敵ではなかったです。

普通に攻撃していき、一度もトリガー技を食らうことなく22%まで削り、二王の諍いが発動しましたが、特に何も食らうことなく倒すことができました。

また、ソーンを倒している途中でニオのCT技を喰らいましたが、

デファンデュの後に連続行動でニンアナンナを発動してきたので(幸いなことにダメージだけで、デバフは全員にミス)、ドクターの1アビはリキャスト毎に使うようなことはせず、できる限り特殊行動に合わせて発動したほうが良いですね。

その後は22%で九界の繁栄、3%でデファンデュが来ましたが、特に何事もなく倒して次へ。




4戦目:カトル・エッセル

4戦目はカトルとエッセルです。

開幕はいつも通り研究の成果だスタートしまして、おそらくカトルの開幕特殊行動がシュリーヴァトサです。全キャラに複数のデバフが付くので、ソーン戦と同じく、できる限りドクターの1アビを押してから攻撃すべきです。

また、カトルとエッセルのどちらを先に倒すかですが、これもソーンとニオ戦と同じく、どちらからでも良さそうです。ただ、今回は風属性のチャレンジなので、私は弱点属性のエッセルから倒すようにしました。

エッセルのCTが2なので、CTが早くも溜まってOD特殊技のお馴染みダンス・クレマシオンを食らってしまいます。

ただ、事前にアテナを打って30%はカットしておきましたが、弱点なので敵対心があるリミロゼで30%カットの上からでも8,000ダメージとそれなりの痛さ。

また、デバフで暗闇が付くのでクリアオールを残しておくと良いかもしれません。

その後はカトルのCTが溜まり、おそらく通常特殊技のカルネージ。

デバフに虚脱があります。ソーン・ニオ戦といい、デバフばっかりです。その後もアンチラの4アビでカトルのHPが95%になったら、いきなりシュリーヴァトサ。いまいちトリガーが分かりません……

エッセルの体力削ったら16%で十狼の雄叫び。

リミロゼのバフがある状態でも十狼の雄叫び状態だと、弱点属性というのもあるでしょうが、2千後半ダメージを食らっていたので、普通に食らうとそれなりに痛いダメージかもしれません。

その後は普通に後はカトルを倒して終わりです。OD時のCT技はお馴染みメメント・ヴィータ。

ダメージはあんまりですが、デバフでアビリティスロウがあるのでそこだけ注意です。

HP少なくなったら四天の嘆きが来て、

アイコンの説明を見る感じだとおそらくシュリーヴァトサを使ってくるのだと思いますが、そのまま倒してしまいました。


5戦目:オクトー・フュンフ

5戦目はフュンフとオクトーです。

どちらを先に倒すかですが、こういう時はだいたい回復キャラを先に倒すのがセオリーだと思うので、フュンフでいいと思います。

それは正解だったらしく、研究の成果だスタートしましたが、案の定、フュンフからブレッシングオブライトが飛んできて、デバフリセットされました。

また、オクトーの開幕行動は心解かと思われます。オクトーに攻防バフが3ターン付きます。

この攻防バフが結構強く、攻撃がかなり痛くなり、ダメージがあまり通らなくなるので、できる限りディスペルで早く消したほうが良いです。

その後は普通にフュンフを攻撃してきましたが、フュンフのHPが5%になりODになると、なぜかCTが溜まっていないオクトーから特殊行動で心解が飛んできたので、もう一人がHP少なくなったりなどすると発動するのかもしれません。

そして結局フュンフからは十天4アビは飛んでこずにそのまま倒すことに。

また、ここらへんから最後のウーノ・シエテ戦に向けてアビリティのリキャスト感覚やリミロゼのバフを調整していきます。

オクトーはそのまま削っていくと、HP41%で八命の廻りを発動。

毎ターン超火力の特殊行動が飛んでくるので、おそらくこの6連戦で一番強い十天4アビでしょう。

ただ、アビリティは最終戦に向けてなるべく使いたくなく、かといって心解のバフを消さないと、バフが入っていないとあまりダメージを出せません。下記はアンチラの3アビのバフしかない状態ですが、心解の防御バフが強く、12万ほどしかダメージを出せていません。

ただ火力だけですので、うまくアビリティをケチりながら倒し、倒す直前にリミロゼのバフを発動させ、討伐して最終戦です。


6戦目:ウーノ・シエテ

最後はウーノとシエテです。

ここまで長々と書きましたが、ぶっちゃけここ以外は正直適当でもいけます。ここが一番大事です。そして、ここで失敗したらまた最初のサラーサ戦からなので、また研究の成果だを連打しないといけなくなります。

シエテから倒していきます。ここのシエテの特殊技は結構有名かもしれませんが、シエテはエンブレーマの特殊行動で剣光ゲージを貯めていきます。

この剣光ゲージが5になると特殊行動でこちらの全員に無属性99万ダメージのシエン・ミル・エスパーダが飛んできて、こちらのサブ含めて全滅します。アルバハHLの超越の理と同じです。

なので、何らかの手段で1ターンに30回以上の攻撃を与えるか、その前に倒さなければいけません。最初に書いたサン・アニラ・アテナを使ったり、ユーステスやキャタピラさんと黒麒麟召喚からのアビ連打はここで必要になります。

そして、私は最初に1ターン目に取った行動は、「トール召喚→アンチラ4アビ→研究の成果だを連打して麻痺を引くまで運ゲーする」です。

正攻法でクリアしよう!という気概が全く感じられませんが、勝ちに違いはないので……

リミロゼのバフを前のオクトー・フュンフ戦で調整したのもこのためです。リミロゼのバフは弱体成功率アップがあるので、デバフを当たりやすくしたかったからです。

そして、2ターン目に取った行動は、「研究の成果だを連打して睡眠を引くまで運ゲーする」です。

正攻法でクリアしようという気概が全k(ry

3ターン目はシヴァ召喚からの大ダメージで一気に削ります。ここまではリミロゼのバフがあるような状態にしておきたいです。

またウーノは城郭の構えなどでこちらがシエテを攻撃するのを全力で妨害してくるので、

主人公やユリウスのディスペルはいつでも打てるようにしておきたいです。

そして、4ターン目・5ターン目は奥義を打ちつつ削って、最後にもう一度リミロゼのバフをのせて6ターン目でシエテ撃破です。

いやあ、シエテは強敵でしたね。

その後のウーノもそれなりに火力があったりするのですが、正直消化試合です。ちゃんとバフ・デバフをしっかりしていればまず負けないです。

ということで、極みスキンゲットです。


おまけ

今回私が極みスキンを獲得するにあたり使用した素材です。

  • ヒヒイロカネ×9
  • ダマスカス鋼×1
  • 金剛晶×4
  • 黄龍マグナアニマ×20
  • 黒麒麟マグナアニマ×20
  • 紫電角×100
  • 虚ろなる鍵×250
  • オメガユニット×99
  • 各種天星器の欠片×50
  • 各種武器エレメント×2000
  • 各属性ジーン×9999

他にも40箱堀りの後の10個の天星器を作成・砕くための宝晶石やら白竜鱗やらいろいろとあるのですが、あげていくと切りがないので……

ヒヒイロカネは本来は3個でいいのですが、私は天星器の欠片を獲得するためにヒヒイロカネを使用して天星器を最終段階まで強化してエレメント化して獲得しましたので、9個必要になりました。また、ダマスカス鋼は2凸の五神杖に使用したためとなります。

確かに全空一可愛いジータちゃんの見た目が更にカワカッコよくなりますし、今年の夏の生放送で極みスキン取得者は現状全世界で88人とのことで、優越感はあります。

ただ、正直、大量の貴重な素材を消費してまで急いで取ったことを今更ながら若干後悔してます。完全に自業自得ですけども。おかげで次の火古戦場はイクサバの素体はあるのに凸るためのヒヒイロとダマスカス鋼がなくなったので、マグナで走ることになりそうです。

素材が余っていて使い道なくて、全属性の武器編成完成してて、召喚石の凸も終わっていて、もうこのクエストしかやることねぇ!って人は良いと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ 


当ブログのTwitterアカウントです。
記事の投稿告知やグラブルのネタをツイートしています。
グラブル関連グッズ