キャラ評価

続・エウロペをアルバハHLに連れて行ってみた

前回の記事の続きになります。

今日の団アルバハHLでもエウロペを連れて行ったので、またその感想を書いてみます。

前回の記事はこちらから。

エウロペをアルバハHLに連れて行ってみた今日は引くだけ引いてほとんど使っていなかったエウロペを団で行っているアルバハHL6連戦に連れて行ってみました。 キャラが魔境の水で...

武器・キャラ編成

  • メイン武器:ミュルグレス
  • ミュルグレス×2
  • フィンブル×2
  • ゼノコキュ×1
  • ブルースフィア×3
  • テュロスビネット

昨日はエウロペ入りはオメガ槍を持ってやっていたので、今回はミュルグレスをメインに持ってやってみました。

感想とか気づいたこととか

サポアビの『聖泉の星華』は意識しないと全然レベルがあがらない

レベルが上がるごとに攻撃力と回復性能が上がるため強力ではありますが、如何せんなかなかレベルが上がらない。

3アビのトリプルアタック確定である「プレアデス」の使用間隔が7ターンと長いため、これでレベルを上げきるのは難しい。

ちゃんとレベルを上げたければ、両面ヴァルナ編成で3手を持つミュルグレスを多く積み、最終カトルを入れ奥義効果なども考えて意識的にトリプルアタックを出す必要があると思います。

1アビの「マナ・ブラスト」が適当に打つだけで強い

1アビの「マナ・ブラスト」は普通に打つと上限約70万のダメージと上限2,000の回復技ですが、サポアビの『聖泉の星華』でレベルに応じて回復性能が上昇する事とLBの回復性能のおかげで、中盤に適当に打つだけで3,000ぐらい回復します。

3,000回復というのは4凸ルシフェルの召喚効果と同じなので、それが6ターン毎に打てると考えると非常に強力です。フィンブルの渾身維持にも役立ちます。

DPSを意識するとそこまでかもしれませんが……

2アビの「テュロス・アジリス」の使用間隔長すぎ

2アビの「テュロス・アジリス」の使用間隔が12ターンと非常に長いため、3分~5分ぐらいで終わるアルバハHLだと1回しかまともに使えません。

前回の記事で書いていた45%、35%トリガーの属性シリウスに使ってみようという件は、そもそも80~70%ぐらいで1回使うため、そこまでに再使用になりませんでした。

このアビリティの使用間隔がもっと短かったら壊れ技になっちゃうでしょうから仕方ないのかもしれませんが、使うタイミングがなかなか難しいです。

「神虜の麗姫」はそこまで意識しなくても良い?

間違いなく強いサポアビ、というかぶっ壊れサポアビだとは思いますが、今の水のダメージの稼ぎ方ってブルースフィアやテュロスビネットの必殺による奥義ダメージがメインなので、通常攻撃をする機会ってミュルグレスが編成のメインだった時に比べて減っていると思います。

必殺のおかげで奥義ダメージは水属性アップがあろうとなかろうとそれなりのダメージは出るので、そうするとこのサポアビが本当に活かせるのは通常攻撃の時となると思うので、通常攻撃の機会が減っている今はそこまで意識しなくても良いのかなと。

水に最終解放オクトーみたいな奥義打ちつつ属性攻撃アップをばらまくキャラがいれば天下取れると思いますw

何より、これのためだけにオメガ槍を持つとどうしても動きづらくなってしまう時が多々あり、自分には合いませんでした。

実際の貢献度や討伐スピード

エウロペを入れてみての実際の貢献度や討伐スピードです。

昨日の記事とスピードはほぼほぼ変わりませんでしたが、画像が多くなるので、今回は一番良かった1戦だけ。

1分あたりの平均ダメージは約2,730万です。

控えのロミオを抜いたり、他の団員の事を考えずにもっと殴ればもう少し早くなりそうですが、スピードを出すためだけに無茶はせずに、あくまで討伐が最優先でやってます。

しかし、やはり分速3,000万の壁は遠いです。

おまけ

可愛い。(見た目が)最強。

アンによる敵対心アップというちゃんとそれっぽく意識してるとこもある。

何よりアングレアという組み合わせがある。

一時期のカトルアルタイルウーノという編成と比べると、水も変わったなぁ……

実際にやってみたら討伐自体は難なくできましたが、ポーションの回復がなかなか追いつきませんでした。

やっぱりウーノは凄いというのを実感できましたね……


にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ 


当ブログのTwitterアカウントです。
記事の投稿告知やグラブルのネタをツイートしています。
グラブル関連グッズ