アーカルム

アーカルム石、デスSSR作成 編成に入れた場合と入れない場合のダメージの差を見てみた結果

アーカルム石のデスのSSRを作成しました。

今回の記事では実際にSSRデスを入れた場合と入れない場合のダメージ差を見てみたいと思います。

闇古戦場を控え、ダメージ上限をあげることができるデスの作成を迷っている人の参考になれば幸いです。

SSRデスの性能

HP:695 攻撃力:1770
召喚効果:デスサーティーン
敵全体に闇属性ダメージ/主人公とルリア以外の味方1人を戦闘不能にし、闇属性キャラのトリプルアタック確率UP(特大)
加護効果
メイン装備時:闇属性キャラの攻撃力120%UP/HPが30%DOWN
サブ装備時:闇属性キャラが光属性の敵に対して与ダメージ7%UP

召喚効果の戦闘不能になるキャラはランダムです。

対象に選べるならば例えばコンジャクション使用後の水着ゾーイを落として控えからシスを出すなどの使い道はあったとは思うのですが……

正直言って、サブ装備時効果以外全く使えませんね……


使用する編成

キャラ編成

  • カオスルーダー
  • 闇ジャンヌ
  • オリヴィエ
  • 水着ゾーイ

武器編成

  • メイン:パラゾニウム
  • グラーシーザー3本
  • ブルトガング
  • セレストクロー・マグナSL20
  • 麒麟弓SL20
  • ゼノディア刀
  • ケルベロス・オーダー
  • オメガ剣(連撃・奥義上限)

召喚石編成

デス入り

デスなし




トライアルで攻撃してみた

レンド召喚石はハデスの両面ハデス編成です。

最初にアンプレディクトと闇ジャンヌの1アビで防御を50%ダウンの下限まで下げた後、他心陣で主人公だけ奥義ゲージを100%、その後水着ゾーイのコンジャクションを使用して主人公だけ奥義を打ち、その後2ターンは通常攻撃を行い、計3ターンのダメージを見てみます。

デス入り

主人公の最初の奥義は257万ダメージ。通常攻撃は、主人公は60万前後のダメージを出しており、他のキャラは53万前後のダメージ。

ターンダメージとしては1ターン目で800万ダメージ、2・3ターン目で760万ダメージとなりました。

デスなし

主人公の最初の奥義は240万ダメージ。通常攻撃は、主人公は56万前後のダメージを出しており、他のキャラは49万前後のダメージ。

ターンダメージとしては1ターン目で750万ダメージ、2・3ターン目で710万ダメージとなりました。

まとめ

通常攻撃1回としては4万前後ダメージの上乗せ。ターンダメージとしては50万ダメージぐらい変わってきます。

闇属性の編成は連撃を盛りやすく、神石編成だとケルベロス・オーダー、マグナ編成でもオールド・コルタナがあります。また、剣得意キャラが多いのもあり、オメガ剣適用キャラでパーティを揃えやすい属性です。それにより通常攻撃1回の差としてはそこまで差がなくても、連撃が出やすいため、ターンダメージとしては結構のダメージ差が出てくることが分かりました。

ただ、サンのような強烈な召喚効果ではないのがネック。筆者は賢者目当てに作ったので後悔はあまりしてませんが、次の闇古戦場に向けてそのためだけに作るべきかというと微妙なラインだと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ 


当ブログのTwitterアカウントです。
記事の投稿告知やグラブルのネタをツイートしています。
グラブル関連グッズ